龍に麒麟に鳳凰 白

0533
0533 0533

龍は
一気昇天すと言われ縁起が良いとされます。水中か地中に棲むとされその啼き声によって雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔する

龍に九似ありとされ、角は鹿、頭は駱駝、眼は鬼あるいは兎、体は大蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似る
口辺長髯をたくわえ、喉下に一尺四方の逆鱗顎下に宝珠を持っている秋に淵の中に潜み、春には天に昇る龍は出世の印!!

麒麟
神聖な幻の動物 千年を生き、その鳴声は音階に一致、歩いた跡は正確な円になり、曲がる時は直角に曲がるという。形は鹿に似て大きく背丈は5mあり、顔は龍に似て、牛の尾と馬の蹄をもち雄は頭に角をもつとも言われる。
背毛は五色に彩られ、毛は黄色い。頭に角があり、1本角である

鳳凰ほうおう)とは。意味や解説、類語。1 古代中国で、麟 (りん) ・亀・竜とともに四瑞として尊ばれた想像上の霊鳥。体は、前は麟 (りん) 、後ろは鹿 (しか) 、頸 (くび) は蛇、尾は魚、背は亀、あごは燕 (つばめ) 、くちばしは鶏に似るといわれる。羽が五色

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
0533-M Mサイズ ¥1,900
在庫有り
0533-L Lサイズ ¥1,900
在庫有り
0533-LL LLサイズ ¥2,000
在庫有り