市松文様と隈取 赤

0389
0389 0389

「市松模様」は、元々石畳に使われる模様でした。
江戸時代に歌舞伎役者の佐野川市松が衣装の袴に「市松模様」を用いたところ、
人気を博したそうです。その後も佐野川市松は、
「市松模様」の袴での舞台をし、世間に広まりました。
そうして石畳と呼ばれていた格子模様は、
佐野川市松の市松を取り「市松模様」となったのです。
また、元禄模様と呼ばれることもあります

隈取は初代團十郎が人形浄瑠璃にヒントを得て創作したものといわれ、
顔の血管や筋肉を誇張するために描かれたもので、
役柄により、施される隈取や色が異なる

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
0389-M Mサイズ ¥1,800
在庫有り
0389-L Lサイズ ¥1,800
在庫有り
0389-LL LLサイズ ¥2,000
売切れ 売切れ