大きな矢羽文様

0019
0019 0019

矢羽文様

矢羽根(やばね) 矢につける羽根  鷲や鷹の羽が最上とされ  弓矢は儀礼や祝具、男子のお祝い事に使われ、また、「破魔矢(はまや)」というように、魔をはらう意味もあり、更には「的を射る」など縁起の良い文様

江戸時代に、結婚の際に矢絣の着物を持たせると出戻ってこない(射たが戻ってこないため)といわれるようになり、縁起柄とされるようになった

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
0019-M Mサイズ ¥1,300
在庫有り
0019-L Lサイズ ¥1,300
在庫有り
0019-LL LLサイズ ¥1,400
在庫有り
0019-3L 3Lサイズ ¥1,800
在庫有り
0019-4L 4Lサイズ ¥1,900
在庫有り