きつね(狐)は商売繁盛の使い?

0638
0638 0638

稲荷神(いなりのかみ)は元々は農業神
狐は穀物を食い荒らすネズミを捕食、狐の色や尻尾の形が実った稲穂に似ているなど 狐が稲荷神の使いに位置付けられる

江戸時代に入って稲荷が商売の神と公認され、大衆の人気を集めるようになと、稲荷狐(いなりきつね)は稲荷神(いなりのかみ)という誤解が広がる
稲荷神社の数が急激に増え、流行神(はやりがみ)と呼ばれる
今日、稲荷神社に祀られている狐は 白狐(びゃっこ)である

稲荷神社の前には、狛犬(こまいぬ)の代わりに、
宝玉をくわえた狐(きつね)の像が置かれる

 

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
0638-M Mサイズ ¥1,800
在庫有り
0638-L Lサイズ ¥1,800
売切れ 売切れ
0638-LL LLサイズ ¥2,000
売切れ 売切れ