黒招き猫に唐草文様 緑

0253
0253 0253

「夜でも目が見える」等の理由から、「福猫」として魔除けや幸運、商売繁盛の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持ちます

日本最古の伝承を持つ黒招き猫で有名な、京都の檀王法林寺には主夜神(しゅやじん)尊が祀られています 夜を守る神とも言います。その御使いが、黒猫なのです。闇夜に眼を光らせるのです。江戸時代には、黒猫を飼うと労咳(結核)が治るという迷信のほか、恋煩いにも効験があるとされました

唐草柄は魔除け柄と言われ神社仏閣の欄間に多く使われます。紋様が途切れずに延々と、永久不変に広がって、果てしなく続く延命長寿の意味の文様です。
魔除け 子孫繁栄 長寿長命

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
0253-M Mサイズ ¥1,300
在庫有り
0253-L Lサイズ ¥1,300
在庫有り
0253-LL LLサイズ ¥1,400
売切れ 売切れ
0253-3L 3Lサイズ ¥1,800
売切れ 売切れ
0253-4L 4Lサイズ ¥1,900
在庫有り