牡丹に鶴 紫

1507
1507

『牡丹』は、大輪の花を咲かせるボタン科ボタン属の植物で、原産地は中国の北西部、昔は中国で根皮が薬用として使われていたという記録も残っているそうです。 和名は『牡丹』ですが、これは中国名をそのまま使っているということです。 高温多湿に弱く、寒さには比較的強いとされています。 牡丹は草ではなく樹木ですので、通年を通して栽培されます。 日本には遣唐使や空海が持ち込んだとも言われており、花の存在感や美しさから人気が高まり、多くの方が観賞用として好んだと言われる

日本では古くから亀とともに長寿の象徴として貴ばれる。大形で、くびと脚が長く、飛ぶときはまっすぐ伸ばし、ゆっくり羽ばたく。羽色は白色・灰青色が主

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
1507-M ¥1,900
在庫有り
1507-L ¥1,900
在庫有り