カテゴリー別アーカイブ: ハーフトランクス

牡丹に菊桜 赤黒 (商品コード0341)

0341


菊は放射状に花が開く為、太陽とされます 菊水を飲んで不老不死となった菊慈童伝説(きくじどうでんせつ) 菊は、翁草(おきなくさ)、千代見草(ちよみくさ)、齢草(よわいくさ)と言われていました

牡丹は百花の王
富貴、気品を表すという則天武后も愛でたという

花は桜木 人は武士
ぱっと花を咲かせた後、散って行く桜の儚さや潔さが武士道に通じる

招き猫に千万両 赤 (商品コード0338)

0338

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

招き猫に千万両 黒 (商品コード0337)

0337

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

招き猫に千万両 紺 (商品コード0336)

0336

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

招き猫に大入り 紺 (商品コード0340)

0340

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

招き猫に大入り 赤 (商品コード0339)

0339

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

鳳凰(ほうおう) 青など (商品コード0335)

0335

鳳凰は、霊泉だけを飲み、百年に一度だけ実を結ぶという竹の実のみを食物とし、

梧桐(アオギリ)の木にしか止まらないという聖天子の出現を待ってこの世に現れるといわれる瑞鳥です鳳凰が飛ぶ時には、その徳によって雷も嵐も起こらず、河川も溢れず、草木も揺れないという

鳳凰(ほうおう) 紫など (商品コード0334)

0334

鳳凰は、霊泉だけを飲み、百年に一度だけ実を結ぶという竹の実のみを食物とし、

梧桐(アオギリ)の木にしか止まらないという聖天子の出現を待ってこの世に現れるといわれる瑞鳥です鳳凰が飛ぶ時には、その徳によって雷も嵐も起こらず、河川も溢れず、草木も揺れないという

龍に波と菊 赤 (商品コード0312)

0312

龍は一気昇天すと言われ縁起が良いとされます、水中か地中に棲むとされその啼き声によって雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔する
龍に九似ありとされ、角は鹿、頭は駱駝、眼は鬼あるいは兎、体は大蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似る口辺長髯をたくわえ、喉下に一尺四方の逆鱗、顎下に宝珠を持っている秋に淵の中に潜み、春には天に昇る 龍は出世の印!!

龍に波と菊 黒 (商品コード0311)

0311

龍は一気昇天すと言われ縁起が良いとされます、水中か地中に棲むとされその啼き声によって雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔する
龍に九似ありとされ、角は鹿、頭は駱駝、眼は鬼あるいは兎、体は大蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似る口辺長髯をたくわえ、喉下に一尺四方の逆鱗、顎下に宝珠を持っている秋に淵の中に潜み、春には天に昇る 龍は出世の印!!

鶴に牡丹に菊 青グレー (商品コード0310)

0310


菊は放射状に花が開く為、太陽とされます 菊水を飲んで不老不死となった菊慈童伝説(きくじどうでんせつ) 菊は、翁草(おきなくさ)、千代見草(ちよみくさ)、齢草(よわいくさ)と言われていました

鶴は、夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから、夫婦鶴(めおとつる)といわれて「仲良きことの象徴」鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから、天に届く、天上界に通ずる鳥といわれます

牡丹は百花の王
富貴、気品を表すという則天武后も愛でたという
牡丹には 別名こんなにあります
「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」「天香国色」 「名取草」「深見草」「二十日草(廿日草)」「忘れ草」「鎧草」

鶴に牡丹に菊 黒赤 (商品コード0309)

0309


菊は放射状に花が開く為、太陽とされます 菊水を飲んで不老不死となった菊慈童伝説(きくじどうでんせつ) 菊は、翁草(おきなくさ)、千代見草(ちよみくさ)、齢草(よわいくさ)と言われていました

鶴は、夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから、夫婦鶴(めおとつる)といわれて「仲良きことの象徴」鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから、天に届く、天上界に通ずる鳥といわれます

牡丹は百花の王
富貴、気品を表すという則天武后も愛でたという
牡丹には 別名こんなにあります
「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」「天香国色」 「名取草」「深見草」「二十日草(廿日草)」「忘れ草」「鎧草」

モダン桜に縞文様 黒 (商品コード0308)

0308

花は桜木 人は武士    ぱっと花を咲かせた後、
散って行く桜の儚さや潔さが武士道に通じる

「市松文様」の誕生

古墳時代の埴輪の服にもあしらわれ、古典より用いられてきた柄
正方形を格子状に並べた柄を「市松文様」と呼ぶようになったのは
意外にも比較的最近の話
江戸時代に人気を博していた歌舞伎役者の「佐野市松」という人物が、
トレードマークとしてこの文様をあしらった袴を身につけていた事が
名前の由来になる

 

桜に麻の葉文様  黒 (商品コード0307)

0307

花は桜木 人は武士    ぱっと花を咲かせた後、
散って行く桜の儚さや潔さが武士道に通じる

「市松文様」の誕生

古墳時代の埴輪の服にもあしらわれ、古典より用いられてきた柄
正方形を格子状に並べた柄を「市松文様」と呼ぶようになったのは
意外にも比較的最近の話
江戸時代に人気を博していた歌舞伎役者の「佐野市松」という人物が、
トレードマークとしてこの文様をあしらった袴を身につけていた事が
名前の由来になる

 

桜に市松文様 (商品コード0306)

0306

花は桜木 人は武士    ぱっと花を咲かせた後、
散って行く桜の儚さや潔さが武士道に通じる

「市松文様」の誕生

古墳時代の埴輪の服にもあしらわれ、古典より用いられてきた柄
正方形を格子状に並べた柄を「市松文様」と呼ぶようになったのは
意外にも比較的最近の話
江戸時代に人気を博していた歌舞伎役者の「佐野市松」という人物が、
トレードマークとしてこの文様をあしらった袴を身につけていた事が
名前の由来になる

 

牡丹に桜江戸文様流れ (商品コード0305)

0305

丹は百花の王
富貴、気品を表すという則天武后も愛でたという花は桜木 人は武士
ぱっと花を咲かせた後、散って行く桜の儚さや潔さが武士道に通じる

青海波 七宝文様など 江戸の粋

 

招き猫に達磨や目出鯛 ピンク (商品コード0304)

0304

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

達磨(だるま) 七転八起
面壁九年 達磨大師が、中国の少林寺で
壁に向かって九年間座禅し、悟りを開いた
転んだら起き上がって、また一 から始めよ

 

招き猫に達磨や目出鯛 紺 (商品コード0303)

0303

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

達磨(だるま) 七転八起
面壁九年 達磨大師が、中国の少林寺で
壁に向かって九年間座禅し、悟りを開いた
転んだら起き上がって、また一 から始めよ

 

江戸美人揃え (商品コード0301)

0301

喜多川歌麿は江戸時代に活躍した浮世絵師の代表的な一人

「当時全盛美人揃」、「娘日時計」、「歌撰恋之部」、「北国五色墨」

などと優れた大首半身物の美人画を刊行

 

きつね(狐)は商売繁盛の使い? (商品コード0638)

0638

稲荷神(いなりのかみ)は元々は農業神
狐は穀物を食い荒らすネズミを捕食、狐の色や尻尾の形が実った稲穂に似ているなど 狐が稲荷神の使いに位置付けられる

江戸時代に入って稲荷が商売の神と公認され、大衆の人気を集めるようになと、稲荷狐(いなりきつね)は稲荷神(いなりのかみ)という誤解が広がる
稲荷神社の数が急激に増え、流行神(はやりがみ)と呼ばれる
今日、稲荷神社に祀られている狐は 白狐(びゃっこ)である

稲荷神社の前には、狛犬(こまいぬ)の代わりに、
宝玉をくわえた狐(きつね)の像が置かれる