カテゴリー別アーカイブ: ハーフトランクス

千鳥とは千取り 千の福を取る 紺 (商品コード0539)

0539

千鳥

千鳥は、千鳥の群を表し、 愛らしい姿を現す。
語呂合わせで
「千鳥=千取り→千の福を取る」ということから、
勝負運が強くなる象徴とも言われています。

千鳥とは千取り 千の福を取る 黒 (商品コード0538)

0538

千鳥

千鳥は、千鳥の群を表し、 愛らしい姿を現す。
語呂合わせで
「千鳥=千取り→千の福を取る」ということから、
勝負運が強くなる象徴とも言われています。

新 風神雷神 白 (商品コード0537)

0537

風神雷神

千手観音に従って仏教と信者を守る神々観音二十八部衆と風神雷神など

風神はヴァーユと呼ばれ邪心を追い払い富貴栄達を授ける神雷神はヴァルナと呼ばれる

水神といわれ、仏教では仏法を守る役目悪を懲らしめ禅を勧める風雨を調える神

風雨順時 伽藍守護 天下泰平

新 風神雷神 黒 (商品コード0536)

0536

風神雷神

千手観音に従って仏教と信者を守る神々観音二十八部衆と風神雷神など

風神はヴァーユと呼ばれ邪心を追い払い富貴栄達を授ける神雷神はヴァルナと呼ばれる

水神といわれ、仏教では仏法を守る役目悪を懲らしめ禅を勧める風雨を調える神

風雨順時 伽藍守護 天下泰平

虎に鷹に富士山 黒 (商品コード0535)

0535

虎 千里行く

虎は千里往って千里還る 勢い盛んな様子 虎は強さの象徴中国の小説三国志演義では武勇に優れた5人を五虎大将軍と呼ぶ
特に張飛の髭は「虎髭」と呼ぶ 武田信玄 甲斐の虎 上杉謙信 越後の虎

鷹  正義の鷹

鷹はどんなにひもじくても、烏や雀のように、農民の汗水たらして耕した畑に降りて穂をつついて食べるような不義はしない。
正義の人は窮しても不正な金品を受け取ったりはしないことのたとえ。 は飢えても穂をつまず

虎に鷹に富士山 白 (商品コード0534)

0534

虎 千里行く

虎は千里往って千里還る 勢い盛んな様子 虎は強さの象徴中国の小説三国志演義では武勇に優れた5人を五虎大将軍と呼ぶ
特に張飛の髭は「虎髭」と呼ぶ 武田信玄 甲斐の虎 上杉謙信 越後の虎

鷹  正義の鷹

鷹はどんなにひもじくても、烏や雀のように、農民の汗水たらして耕した畑に降りて穂をつついて食べるような不義はしない。
正義の人は窮しても不正な金品を受け取ったりはしないことのたとえ。 は飢えても穂をつまず

龍に麒麟に鳳凰 白 (商品コード0533)

0533

龍は
一気昇天すと言われ縁起が良いとされます。水中か地中に棲むとされその啼き声によって雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔する

龍に九似ありとされ、角は鹿、頭は駱駝、眼は鬼あるいは兎、体は大蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似る
口辺長髯をたくわえ、喉下に一尺四方の逆鱗顎下に宝珠を持っている秋に淵の中に潜み、春には天に昇る龍は出世の印!!

麒麟
神聖な幻の動物 千年を生き、その鳴声は音階に一致、歩いた跡は正確な円になり、曲がる時は直角に曲がるという。形は鹿に似て大きく背丈は5mあり、顔は龍に似て、牛の尾と馬の蹄をもち雄は頭に角をもつとも言われる。
背毛は五色に彩られ、毛は黄色い。頭に角があり、1本角である

鳳凰ほうおう)とは。意味や解説、類語。1 古代中国で、麟 (りん) ・亀・竜とともに四瑞として尊ばれた想像上の霊鳥。体は、前は麟 (りん) 、後ろは鹿 (しか) 、頸 (くび) は蛇、尾は魚、背は亀、あごは燕 (つばめ) 、くちばしは鶏に似るといわれる。羽が五色

龍に麒麟に鳳凰 黒 (商品コード0532)

0532

龍は
一気昇天すと言われ縁起が良いとされます。水中か地中に棲むとされその啼き声によって雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔する

龍に九似ありとされ、角は鹿、頭は駱駝、眼は鬼あるいは兎、体は大蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似る
口辺長髯をたくわえ、喉下に一尺四方の逆鱗顎下に宝珠を持っている秋に淵の中に潜み、春には天に昇る龍は出世の印!!

麒麟
神聖な幻の動物 千年を生き、その鳴声は音階に一致、歩いた跡は正確な円になり、曲がる時は直角に曲がるという。形は鹿に似て大きく背丈は5mあり、顔は龍に似て、牛の尾と馬の蹄をもち雄は頭に角をもつとも言われる。
背毛は五色に彩られ、毛は黄色い。頭に角があり、1本角である

鳳凰ほうおう)とは。意味や解説、類語。1 古代中国で、麟 (りん) ・亀・竜とともに四瑞として尊ばれた想像上の霊鳥。体は、前は麟 (りん) 、後ろは鹿 (しか) 、頸 (くび) は蛇、尾は魚、背は亀、あごは燕 (つばめ) 、くちばしは鶏に似るといわれる。羽が五色

桜に矢羽文様 白黒 (商品コード0531)

0531

桜 花は桜木 人は武士

ぱっと花を咲かせた後、散って行く桜の儚さや潔さが武士道に通じる

矢羽 長寿 戦勝の印
弓矢は儀礼や祝具、男子のお祝い事に使われ
また、「破魔矢(はまや)」というように、魔をはらう意味もあり、さらには「的を射る」など、縁起の良い文様です
矢は真っ直ぐに飛び、決して返って来ない、ということで、男の子には立身出世、
女の子には出戻って来ないという意味で共によく用いられる文様です魔をはらう

桜に矢羽文様 白赤 (商品コード0530)

0530

桜 花は桜木 人は武士

ぱっと花を咲かせた後、散って行く桜の儚さや潔さが武士道に通じる

矢羽 長寿 戦勝の印
弓矢は儀礼や祝具、男子のお祝い事に使われ
また、「破魔矢(はまや)」というように、魔をはらう意味もあり、さらには「的を射る」など、縁起の良い文様です
矢は真っ直ぐに飛び、決して返って来ない、ということで、男の子には立身出世、
女の子には出戻って来ないという意味で共によく用いられる文様です魔をはらう

纏(まとい)火消しの心意気 紺 (商品コード0529)

0529

(まとい)とは、
江戸時代に町火消の各組が用いた旗印の一種

大岡越前守が

町火消に纏を持たせ士気の高揚を図った。

この当時の纏は纏幟(のぼり)と呼ばれ
「いろは」四十八本に本所・深川の十六本を合わせて六十四本あった

纏(まとい)火消しの心意気 黒 (商品コード0528)

0528

(まとい)とは、
江戸時代に町火消の各組が用いた旗印の一種

大岡越前守が

町火消に纏を持たせ士気の高揚を図った。

この当時の纏は纏幟(のぼり)と呼ばれ
「いろは」四十八本に本所・深川の十六本を合わせて六十四本あった

酒 酔い気分 良い気分 黒 (商品コード0527)

0527

京の着倒れ 大阪の食い倒れ 江戸の飲み倒れ
京都人は着物にお金をかけ、
大阪人は食道楽で、
そして江戸っ子はお酒をよく飲む

居酒(いざけ)とは「酒屋に居ながら酒を飲む」という意味で、
持ち帰りではなく店先でお酒を飲める酒屋のことを居酒屋と呼ぶ

地方からの出稼ぎ者の多かった江戸は、独身男性の比率が極端に高かったので、
簡単に食事ができてお酒も飲める居酒屋は人気

 

酒 酔い気分 良い気分 紫 (商品コード0526)

0526

京の着倒れ 大阪の食い倒れ 江戸の飲み倒れ
京都人は着物にお金をかけ、
大阪人は食道楽で、
そして江戸っ子はお酒をよく飲む

居酒(いざけ)とは「酒屋に居ながら酒を飲む」という意味で、
持ち帰りではなく店先でお酒を飲める酒屋のことを居酒屋と呼ぶ

地方からの出稼ぎ者の多かった江戸は、独身男性の比率が極端に高かったので、
簡単に食事ができてお酒も飲める居酒屋は人気

 

注連縄(しめなわ)に家紋 黒赤 (商品コード0525)

0525

注連縄(しめなわ)は、新道における神祭具で、糸の字の象形を成す紙垂(しで)をつけた縄

現在の神社神道では「社(やしろ)」・神域と現世を隔てる結界の役割を持つ。
また神社の周り、あるいは神体を縄で囲い、その中を神域としたり、
厄や禍を祓ったりする意味もある。御霊代(みたましろ)・依り代(よりしろ)として神がここに宿る印ともされる。
古神道においては、神域はすなわち常世(とこよ)であり、
俗世は現実社会を意味する現世(うつしよ)であり、注連縄はこの二つの世界の端境や結界を表し、
場所によっては禁足地の印にもなる。

 

注連縄(しめなわ)に家紋 白赤 (商品コード0524)

0524

注連縄(しめなわ)は、新道における神祭具で、糸の字の象形を成す紙垂(しで)をつけた縄

現在の神社神道では「社(やしろ)」・神域と現世を隔てる結界の役割を持つ。
また神社の周り、あるいは神体を縄で囲い、その中を神域としたり、
厄や禍を祓ったりする意味もある。御霊代(みたましろ)・依り代(よりしろ)として神がここに宿る印ともされる。
古神道においては、神域はすなわち常世(とこよ)であり、
俗世は現実社会を意味する現世(うつしよ)であり、注連縄はこの二つの世界の端境や結界を表し、
場所によっては禁足地の印にもなる。

 

東海道五十三次 紺 (商品コード0523)

0523

東海道五十三次

または『東海道五拾三次』(とうかいどうごじゅうさんつぎ)は、
歌川広重による浮世絵木版画の連作

浮世絵に名所絵(風景画)のジャンルを確立した。
これらの名所絵には西洋の構成表現が取り入れられ、日本風に消化されて、
新しい可能性を生み出している。
広重の東海道五十三次のシリーズは、日本だけでなく、のちの西洋美術にも影響を与えた

東海道五十三次 黒 (商品コード0522)

0522

東海道五十三次

または『東海道五拾三次』(とうかいどうごじゅうさんつぎ)は、
歌川広重による浮世絵木版画の連作

浮世絵に名所絵(風景画)のジャンルを確立した。
これらの名所絵には西洋の構成表現が取り入れられ、日本風に消化されて、
新しい可能性を生み出している。
広重の東海道五十三次のシリーズは、日本だけでなく、のちの西洋美術にも影響を与えた

東洲斎写楽役者絵 黒 (商品コード0521)

0521

東洲斎 写楽とうしゅうさい しゃらく

江戸時代中期の浮世絵師  約十か月の短い期間に役者絵その他の作品を版行したのち、
忽然と画業を絶って姿を消した謎の絵師

役者の大首絵は、デフォルメを駆使し、目の皺や鷲鼻、受け口など顔の特徴を誇張して
その役者が持つ個性を大胆かつ巧みに描き、
また表情やポーズもダイナミックに描いたそれまでになかったユニークな作品

東洲斎写楽役者絵 紺 (商品コード0520)

0520

東洲斎 写楽とうしゅうさい しゃらく

江戸時代中期の浮世絵師  約十か月の短い期間に役者絵その他の作品を版行したのち、
忽然と画業を絶って姿を消した謎の絵師

役者の大首絵は、デフォルメを駆使し、目の皺や鷲鼻、受け口など顔の特徴を誇張して
その役者が持つ個性を大胆かつ巧みに描き、
また表情やポーズもダイナミックに描いたそれまでになかったユニークな作品