カテゴリー別アーカイブ: トランクス

江戸風情に勝虫蜻蛉(リップル)紺 (商品コード0032)

0032

勝虫蜻蛉

雄略天皇が吉野に狩に出かけた時、腕を刺した虻を蜻蛉がくわえて

飛び去った故事から、強い虫、縁起のよい虫で勝虫と呼ばれ、

兜の前立てや武具に用いる幼虫のときは甲冑のような姿をし成虫になると獲物を

捕らえたまま空を飛ぶ姿の勇ましさから、戦国の世の人々が縁起をかついだ

蜻蛉は、前へ前へと飛んで、決して後ろに下がらない

勇猛果敢で勝負強い虫

祭りだ!法被(はっぴ)だ!(リップル) (商品コード0031)

0031

法被(はっぴ)

法被とは、日本の伝統衣装で、祭などの際に着用し、
また、職人などが着用する印半纏のことである。半被とも表記する

桜 武士道の如く(リップル)黒色 (商品コード0030)

0030

桜 花は桜木 人は武士
ぱっと花を咲かせた後、散って行く桜の儚さや潔さが武士道に通じる

幸運を呼ぶ金魚(リップル)青色 (商品コード0028)

0028

金魚

風水では金魚は幸運を呼ぶ魚とされます

災難を防ぎ物事を円滑に運ぶ魚

金如・・・と書いてお金が意のまま。

金余・・・お金が余る

幸運を呼ぶ金魚(リップル)赤色 (商品コード0029)

0029

金魚

風水では金魚は幸運を呼ぶ魚とされます

災難を防ぎ物事を円滑に運ぶ魚

金如・・・と書いてお金が意のまま。

金余・・・お金が余る

猪鹿蝶(いのしかちょう)赤色 (商品コード0027)

0027
猪鹿蝶(いのしかちょう)
この言葉は花札の役の1つで、
【牡丹に蝶】と【萩に猪】、【紅葉に鹿】の3枚の種札を集めることで、
役が完成します。

猪鹿蝶に元々意味があったわけではなく、
花札の役が出来てから縁起物として知られ
花の王と呼ばれる牡丹(ぼたん)牡丹は「百花の王」とも呼ばれる
【萩に猪(はぎにいのしし)】は、対照美が表現されている
萩の花は昔から「臥す猪の床(ふすゐのとこ)」と言い、猪の寝床でもあるそう。
萩という優美な花と、猪という荒々しい動物との対照美が表現されています

 

鶴 長寿の印 戦勝の印 エンジ色 (商品コード0026)

0026

鶴は長寿の印 戦勝の印

神の使い

古来より鶴は千年と言われ「長寿を象徴する吉祥の鳥」

鶴は、夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから

夫婦鶴(めおとつる)といわれて「仲良きことの象徴」鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから

天に届く 天上界に通ずる鳥 といわれます

相撲(すもう)エンジ色 (商品コード0025)

0025
相撲(すもう)は、
土俵の上で力士が組合って戦う形を取る日本古来の神事や祭りであり
、同時に武芸でもあり武道でもあり(「弓取り式」の本来の意味から)
、娯楽でもある。
古くから祝儀(懸賞金という表現)を得るための興行として、
大相撲が行われている。

 

唐草に招き猫 赤 (商品コード0024)

0024

右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、

左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く

右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、

左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く

青・ 学業向上 交通安全   ピンク・ 恋愛運向上

黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ   赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)

くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

唐草とは

草花の最も美しい創造の形。当店の一番人気商品。唐草柄は魔除け柄と言われ、神社仏閣の欄間に多く使われます。紋様が途切れずに延々と、永久不変に広がって、果てしなく続く延命長寿の意味の文様です。

魔除け 子孫繁栄 長寿長命

 

唐草に招き猫 緑 (商品コード0023)

0023

右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、

左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く

右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、

左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く

青・ 学業向上 交通安全   ピンク・ 恋愛運向上

黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ   赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)

くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

唐草とは

草花の最も美しい創造の形。当店の一番人気商品。唐草柄は魔除け柄と言われ、神社仏閣の欄間に多く使われます。紋様が途切れずに延々と、永久不変に広がって、果てしなく続く延命長寿の意味の文様です。

魔除け 子孫繁栄 長寿長命

 

幸運を呼ぶ金魚(リップル)白色 (商品コード0011)

0011

金魚

風水では金魚は幸運を呼ぶ魚とされます

災難を防ぎ物事を円滑に運ぶ魚

金如・・・と書いてお金が意のまま。

金余・・・お金が余る

幸運を呼ぶ金魚(リップル)黄色 (商品コード0010)

0010

金魚

風水では金魚は幸運を呼ぶ魚とされます

災難を防ぎ物事を円滑に運ぶ魚

金如・・・と書いてお金が意のまま。

金余・・・お金が余る

勝虫蜻蛉(リップル)水色 (商品コード0009)

0009

勝虫蜻蛉

雄略天皇が吉野に狩に出かけた時、腕を刺した虻を蜻蛉がくわえて

飛び去った故事から、強い虫、縁起のよい虫で勝虫と呼ばれ、

兜の前立てや武具に用いる幼虫のときは甲冑のような姿をし成虫になると獲物を

捕らえたまま空を飛ぶ姿の勇ましさから、戦国の世の人々が縁起をかついだ

蜻蛉は、前へ前へと飛んで、決して後ろに下がらない

勇猛果敢で勝負強い虫

勝虫蜻蛉(リップル)紺色 (商品コード0008)

0008

勝虫蜻蛉

雄略天皇が吉野に狩に出かけた時、腕を刺した虻を蜻蛉がくわえて

飛び去った故事から、強い虫、縁起のよい虫で勝虫と呼ばれ、

兜の前立てや武具に用いる幼虫のときは甲冑のような姿をし成虫になると獲物を

捕らえたまま空を飛ぶ姿の勇ましさから、戦国の世の人々が縁起をかついだ

蜻蛉は、前へ前へと飛んで、決して後ろに下がらない

勇猛果敢で勝負強い虫

唐草に招き猫 黒 (商品コード0007)

0007

右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、

左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く

右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、

左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く

青・ 学業向上 交通安全   ピンク・ 恋愛運向上

黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ   赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)

くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

唐草とは

草花の最も美しい創造の形。当店の一番人気商品。唐草柄は魔除け柄と言われ、神社仏閣の欄間に多く使われます。紋様が途切れずに延々と、永久不変に広がって、果てしなく続く延命長寿の意味の文様です。

魔除け 子孫繁栄 長寿長命

 

招き猫 赤 (商品コード0012)

0012

右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、

左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く

青・ 学業向上 交通安全

ピンク・ 恋愛運向上

黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ

赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)

くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

 

相撲(すもう)紺色 (商品コード0005)

0005
相撲(すもう)は、
土俵の上で力士が組合って戦う形を取る日本古来の神事や祭りであり
、同時に武芸でもあり武道でもあり(「弓取り式」の本来の意味から)
、娯楽でもある。
古くから祝儀(懸賞金という表現)を得るための興行として、
大相撲が行われている。

 

猪鹿蝶(いのしかちょう)黄色 (商品コード0004)

0004
猪鹿蝶(いのしかちょう)
この言葉は花札の役の1つで、
【牡丹に蝶】と【萩に猪】、【紅葉に鹿】の3枚の種札を集めることで、
役が完成します。

猪鹿蝶に元々意味があったわけではなく、
花札の役が出来てから縁起物として知られ
花の王と呼ばれる牡丹(ぼたん)牡丹は「百花の王」とも呼ばれる
【萩に猪(はぎにいのしし)】は、対照美が表現されている
萩の花は昔から「臥す猪の床(ふすゐのとこ)」と言い、猪の寝床でもあるそう。
萩という優美な花と、猪という荒々しい動物との対照美が表現されています

 

達磨(だるま) 七転八起 黒色 (商品コード0003)

0003

達磨 七転八起

面壁九年 達磨大師が、中国の少林寺で

壁に向かって九年間座禅し、悟りを開いた

転んだら起き上がって、また一 から始めよ
二入四行 の教え

二入とは、 理論や教えによる知識や認識

四行とは、 実践や体験

 

報冤行(ほうおんぎょう)→人間としての根本問題に返ること

随縁行(ずいえんぎょう)→身近な所から手掛かりをつけて行う実践

無所求行(むしょぐぎょう)→ひたすら無心になって行じていくこと

称法行(しょうぼうぎょう)→自らが法の権化の如く修養し実践出来ること

達磨(だるま) 七転八起 紺色 (商品コード0002)

0002

達磨 七転八起

面壁九年 達磨大師が、中国の少林寺で

壁に向かって九年間座禅し、悟りを開いた

転んだら起き上がって、また一 から始めよ
二入四行 の教え

二入とは、 理論や教えによる知識や認識

四行とは、 実践や体験

 

報冤行(ほうおんぎょう)→人間としての根本問題に返ること

随縁行(ずいえんぎょう)→身近な所から手掛かりをつけて行う実践

無所求行(むしょぐぎょう)→ひたすら無心になって行じていくこと

称法行(しょうぼうぎょう)→自らが法の権化の如く修養し実践出来ること