カテゴリー別アーカイブ: トランクス

祭りに達磨に富士(リップル)紺 (商品コード0108)

0108

達磨 七転八起
面壁九年 達磨大師が、中国の少林寺で壁に向かって九年間座禅し、
悟りを開いた転んだら起き上がって、また一 から始めよ

祭 袢纏
日本人の「粋」ですね。南町奉行大岡越前が江戸の火消しを創設するに当たり組員の揃着として作られました 江戸時代の花形職業は、火消しでした
その後、祭りの衣装として、それぞれの職業を表わすような印半纏が作られました
粋の競い合い 祭り半纏

祭りに達磨に富士(リップル)水色 (商品コード0107)

0107

達磨 七転八起
面壁九年 達磨大師が、中国の少林寺で壁に向かって九年間座禅し、
悟りを開いた転んだら起き上がって、また一 から始めよ

祭 袢纏
日本人の「粋」ですね。南町奉行大岡越前が江戸の火消しを創設するに当たり組員の揃着として作られました 江戸時代の花形職業は、火消しでした
その後、祭りの衣装として、それぞれの職業を表わすような印半纏が作られました
粋の競い合い 祭り半纏

祭りに達磨に富士(リップル)白 (商品コード0106)

0106

達磨 七転八起
面壁九年 達磨大師が、中国の少林寺で壁に向かって九年間座禅し、
悟りを開いた転んだら起き上がって、また一 から始めよ

祭 袢纏
日本人の「粋」ですね。南町奉行大岡越前が江戸の火消しを創設するに当たり組員の揃着として作られました 江戸時代の花形職業は、火消しでした
その後、祭りの衣装として、それぞれの職業を表わすような印半纏が作られました
粋の競い合い 祭り半纏

勝虫蜻蛉 (リップル) 紺 (商品コード0105)

0105
雄略天皇が吉野に狩に出かけた時、腕を刺した虻を蜻蛉がくわえて飛び去った故事から、
強い虫、縁起のよい虫で勝虫と呼ばれ、
兜の前立てや武具に用いる幼虫のときは甲冑のような姿をし成虫になると獲物を捕らえたまま
空を飛ぶ姿の勇ましさから、戦国の世の人々が縁起をかついだ
蜻蛉は、前へ前へと飛んで、決して後ろに下がらない
勇猛果敢で勝負強い虫

勝虫蜻蛉 (リップル) ベージュ (商品コード0104)

0104
雄略天皇が吉野に狩に出かけた時、腕を刺した虻を蜻蛉がくわえて飛び去った故事から、
強い虫、縁起のよい虫で勝虫と呼ばれ、
兜の前立てや武具に用いる幼虫のときは甲冑のような姿をし成虫になると獲物を捕らえたまま
空を飛ぶ姿の勇ましさから、戦国の世の人々が縁起をかついだ
蜻蛉は、前へ前へと飛んで、決して後ろに下がらない
勇猛果敢で勝負強い虫

花火に水風船(リップル) (商品コード0103)

0103
花火
将軍徳川吉宗が悪霊退散を祈り両国大川(現在 隅田川)で水神祭を催し、
それとともに大花火を披露これが隅田川 川開きの起源
江戸の花火屋 を代表したのが鍵屋と玉屋であり「かぎ~や~、たま~や~ 」のお囃子となる

兎 月よりの使者 (リップル) (商品コード0102)

0102

兎は月よりの使者 火伏せの神 不老不死の使い

兎の赤い眼には魔除の力が宿る その脚は跳ねて前進することから

良い方向に発展することを意味する

不老不死 良い方向へ前進

桜 ピンク (リップル) (商品コード0101)

0101

桜 武士道に通じる パッと咲いてパッと散る

桜と共に 江戸柄が流れています
江戸柄  紗綾形(さやがた)とは
卍の四端を縦横に伸ばし連続した文様故、途絶えること無く永久に継続する
「不断長久」 家の繁栄や長寿を意味します

招き猫に大入り 紺 (商品コード0098)

0098

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

招き猫に大入り 赤 (商品コード0097)

0097

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

招き猫に達磨や目出鯛 紺 (商品コード0096)

0096

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

達磨(だるま) 七転八起
面壁九年 達磨大師が、中国の少林寺で
壁に向かって九年間座禅し、悟りを開いた
転んだら起き上がって、また一 から始めよ

招き猫に達磨や目出鯛 ピンク (商品コード0095)

0095

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

達磨(だるま) 七転八起
面壁九年 達磨大師が、中国の少林寺で
壁に向かって九年間座禅し、悟りを開いた
転んだら起き上がって、また一 から始めよ

招き猫に千万両 黒 (商品コード0094)

0094

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

招き猫に千万両 赤 (商品コード0093)

0093

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

招き猫に千万両 紺 (商品コード0092)

0092

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

牡丹に桜江戸文様流れ (商品コード0083)

0083

牡丹は百花の王
富貴、気品を表すという則天武后も愛でたという

花は桜木 人は武士
ぱっと花を咲かせた後、散って行く桜の儚さや潔さが武士道に通じる

青海波 七宝文様など 江戸の粋

牡丹に菊桜 紺グレー (商品コード0090)

0090


菊は放射状に花が開く為、太陽とされます 菊水を飲んで不老不死となった菊慈童伝説(きくじどうでんせつ) 菊は、翁草(おきなくさ)、千代見草(ちよみくさ)、齢草(よわいくさ)と言われていました

牡丹は百花の王
富貴、気品を表すという則天武后も愛でたという

花は桜木 人は武士
ぱっと花を咲かせた後、散って行く桜の儚さや潔さが武士道に通じる

牡丹に菊桜 赤黒 (商品コード0089)

0089


菊は放射状に花が開く為、太陽とされます 菊水を飲んで不老不死となった菊慈童伝説(きくじどうでんせつ) 菊は、翁草(おきなくさ)、千代見草(ちよみくさ)、齢草(よわいくさ)と言われていました

牡丹は百花の王
富貴、気品を表すという則天武后も愛でたという

花は桜木 人は武士
ぱっと花を咲かせた後、散って行く桜の儚さや潔さが武士道に通じる

鶴に牡丹に菊 青グレー (商品コード0088)

0088


菊は放射状に花が開く為、太陽とされます 菊水を飲んで不老不死となった菊慈童伝説(きくじどうでんせつ) 菊は、翁草(おきなくさ)、千代見草(ちよみくさ)、齢草(よわいくさ)と言われていました

鶴は、夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから、夫婦鶴(めおとつる)といわれて「仲良きことの象徴」鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから、天に届く、天上界に通ずる鳥といわれます

牡丹は百花の王
富貴、気品を表すという則天武后も愛でたという
牡丹には 別名こんなにあります
「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」「天香国色」 「名取草」「深見草」「二十日草(廿日草)」「忘れ草」「鎧草」

鶴に牡丹に菊 黒赤 (商品コード0087)

0087


菊は放射状に花が開く為、太陽とされます 菊水を飲んで不老不死となった菊慈童伝説(きくじどうでんせつ) 菊は、翁草(おきなくさ)、千代見草(ちよみくさ)、齢草(よわいくさ)と言われていました

鶴は、夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから、夫婦鶴(めおとつる)といわれて「仲良きことの象徴」鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから、天に届く、天上界に通ずる鳥といわれます

牡丹は百花の王
富貴、気品を表すという則天武后も愛でたという
牡丹には 別名こんなにあります
「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」「天香国色」 「名取草」「深見草」「二十日草(廿日草)」「忘れ草」「鎧草」