カテゴリー別アーカイブ: トランクス

金運を招く 龍 黒 (商品コード0218)

0218

歌麿に牡丹 赤 (商品コード1433)

1433
美人画で名をはせた喜多川歌麿(1753頃-1806)は、 新しいタイプの美人画を開拓した先駆者でもあります。 版元の蔦屋重三郎(蔦重とも。1750-1797)と組んで出版した 「大首絵」(役者や遊女をバストアップで描いた人物画)の美人画は、 描かれた一人ひとりの個性が見える美人画を確立しました。 歌麿が描く女性といえば、うりざね顔におちょぼ口、「へ」の字のような鼻筋と 似たようなパーツで構成されているイメージがあります。

歌麿に牡丹 黒 (商品コード1432)

1432
美人画で名をはせた喜多川歌麿(1753頃-1806)は、 新しいタイプの美人画を開拓した先駆者でもあります。 版元の蔦屋重三郎(蔦重とも。1750-1797)と組んで出版した 「大首絵」(役者や遊女をバストアップで描いた人物画)の美人画は、 描かれた一人ひとりの個性が見える美人画を確立しました。 歌麿が描く女性といえば、うりざね顔におちょぼ口、「へ」の字のような鼻筋と 似たようなパーツで構成されているイメージがあります。

桜に牡丹に鼓 黒 エンボス加工 (商品コード1422)

1422

鼓(つづみ)は日本特有の伝統的な楽器のひとつで、もっとも狭義には小鼓を指す。砂時計型、または木製、ドラム缶型の胴の両面に革を張ってこれを緒で強く張る。緒は、能楽の世界では調緒(しらべお)または「調べ」という。この緒を締めたり緩めたりすることで音色を調節しながら、一方もしくは両方の革を手または桴で打って演奏する。その形態によって小鼓、大鼓、太鼓、羯鼓などがある。

麻の葉文様に梟 白 (商品コード1411)

1411

ふくろうは「福来朗」や「不苦労」などの字があてられる幸運を呼ぶ吉鳥。ヨーロッパでは知恵の象徴とされています。取り囲む花々も縁起の良い意味を持っています。 菊・・・長寿を象徴します

桜に牡丹に鼓 紫 エンボス加工 (商品コード1423)

1423

鼓(つづみ)は日本特有の伝統的な楽器のひとつで、もっとも狭義には小鼓を指す。砂時計型、または木製、ドラム缶型の胴の両面に革を張ってこれを緒で強く張る。緒は、能楽の世界では調緒(しらべお)または「調べ」という。この緒を締めたり緩めたりすることで音色を調節しながら、一方もしくは両方の革を手または桴で打って演奏する。その形態によって小鼓、大鼓、太鼓、羯鼓などがある。

麻の葉に家紋 黒 (商品コード1420)

1420

家紋は今日まで息づいている日本固有の文化であると言っていい。古くより出自といった自らの 家系 、 血統 、 家柄 ・ 地位 を表すために用いられてきた。日本だけで241種、5116紋以上の家紋がある。単に 紋所 (もんどころ)や 紋 とも呼ばれる。2018年 現在、採取されているだけで 2万近くの家紋が確認されている。

麻の葉に家紋 (商品コード1419)

1419

家紋は今日まで息づいている日本固有の文化であると言っていい。古くより出自といった自らの 家系 、 血統 、 家柄 ・ 地位 を表すために用いられてきた。日本だけで241種、5116紋以上の家紋がある。単に 紋所 (もんどころ)や 紋 とも呼ばれる。2018年 現在、採取されているだけで 2万近くの家紋が確認されている。

紗綾形 シルバー (商品コード1416)

1416

紗綾形とは、中国の明から日本へ輸入された紗綾(さや)という絹織物に使われた文様です。 日本では桃山時代頃から染物の地文様、建築の和風装飾などに用いられました。 端正で品格のある雰囲気から皇族、武家に好まれた文様でもあります。 「不断長久( 絶えることなく長く続く)」という意味があり、家の繁栄や長寿を願う文様です。

紗綾形 ゴールド (商品コード1415)

1415

紗綾形とは、中国の明から日本へ輸入された紗綾(さや)という絹織物に使われた文様です。 日本では桃山時代頃から染物の地文様、建築の和風装飾などに用いられました。 端正で品格のある雰囲気から皇族、武家に好まれた文様でもあります。 「不断長久( 絶えることなく長く続く)」という意味があり、家の繁栄や長寿を願う文様です。

麻の葉紋様 シルバー (商品コード1418)

1418

麻の葉 ゴールド (商品コード1417)

1417

麻の葉文様(あさのはもんよう)は、大麻の葉をあしらった図柄。麻柄ともいう、日本の伝統的な文様。基本的な形は正六角形で幾何学的な形で、葉の形に似せるなど様々な種類がある。平安時代には仏教の尊像の衣服の図柄に使われており、次第に普及し、江戸時代には着物の流行の図柄となり、赤子の産着としても定番の柄である。家紋や神紋、それ以外にも伝統工芸、ほか一般に様々な場面で図柄として使われている。

牡丹に鶴 紫 (商品コード1421)

1421

幸福を意味する『牡丹』、長寿延齢を意味する『鶴』

梟 不苦労 赤 (商品コード1410)

1410

ふくろうが幸運の鳥と言われる由縁は、ふくろうは、夜行性で夜目が利くことで「見通しが明るい」と言われたり、首が非常に曲がる事から開運・招福・お金に困らない「商売繁盛」とも言われていいるところからきているようです。
福来郎=福が来るや、不苦労=苦労しないなどの縁起の良い当て字があてられ「福が来る」「苦労がない」などを願った縁起物、夜に目が聞く、夜目がきく、から転じて「世間に明るい」という意味もあるようです。

牡丹と華々 (商品コード1409)

1409

の「牡」は「オス」ので、雄しべや雌しべが花弁に変わり、種子ができていくところから、「牡」と形容されたもの。

唐獅子牡丹紺紺 (商品コード1408)

1408
聖なる力を持つ獣、霊獣の一つ。 元はお釈迦様=ゴータマ・シッダルタの一族を守護すると言われるインドライオンがモデル。東洋に伝わるにつれてだんだん元のライオンっぽくない姿になっていったらしい。 古くは「からしし」と濁らずに発音した。 通常は、豊かな巻き毛に覆われた幻想的な形状で表される。 古くから美術・工芸の素材として用いられ、特に牡丹と組み合わせた図柄が好まれた(「唐獅子牡丹」)。 狛犬の別称・或いはその一種とされる事もある。 

千両万両招き猫 紺 (商品コード1407)

1407

右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招くとされる。 … 黒い猫は、昔の日本では『夜でも目が見える』などの理由から、「福猫」として魔除けや幸運の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ。 また、赤色は疱瘡や麻疹が嫌う色、といわれてきたため、赤い招き猫は病除けの意味を持つ。

千両万両招き猫 (商品コード1406)

1406

右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招くとされる。 … 黒い猫は、昔の日本では『夜でも目が見える』などの理由から、「福猫」として魔除けや幸運の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ。 また、赤色は疱瘡や麻疹が嫌う色、といわれてきたため、赤い招き猫は病除けの意味を持つ。

麻の葉に柴犬 水色 (商品コード1405)

1405

柴犬 (しばいぬ)は、 日本 原産の 日本犬 の一種。 日本犬の中で唯一の小型犬で、オスは体高38 – 41cm、メスは35 – 38cmの犬種。 日本の 天然記念物 に指定された7つの日本犬種(現存は6犬種)の1つで、指定は 1936年 ( 昭和 11年) 12月16日 。

麻の葉にピンクピンク (商品コード1404)

1404

人気の麻の葉紋様に

柴犬 (しばいぬ)は、 日本 原産の 日本犬 の一種。 日本犬の中で唯一の小型犬で、オスは体高38 – 41cm、メスは35 – 38cmの犬種。 日本の 天然記念物 に指定された7つの日本犬種(現存は6犬種)の1つ。