カテゴリー別アーカイブ: トランクス

モダン桜に縞文様 (商品コード0079)

0079

花は桜木 人は武士    ぱっと花を咲かせた後、
散って行く桜の儚さや潔さが武士道に通じる

桜に麻の葉文様 (商品コード0078)

0078

花は桜木 人は武士    ぱっと花を咲かせた後、
散って行く桜の儚さや潔さが武士道に通じる

 麻の葉の形を組み合わせた紋様
麻の葉の育ちの早さから また 真っすぐ伸びる事から 武道上達
子供が素直に育つようにと、重宝された紋様
江戸柄の代表紋様  武道上達!!

最強 龍に唐獅子 黒 (商品コード0062)

0062

龍は一気昇天すと言われ縁起が良いとされます水中か地中に棲むとされその啼き声によって雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔する龍に九似ありとされ、角は鹿、頭は駱駝、眼は鬼あるいは兎、体は大蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似る口辺長髯をたくわえ、喉下に一尺四方の逆鱗顎下に宝珠を持っている秋に淵の中に潜み、春には天に昇る

龍は出世の印!!

唐獅子は百獣に君臨する王 邪気を払う聖獣と言った意味がある
獅子は魔除の他に財運を向上させる意味もあります

鳥獣人物戯画?風?と江戸小紋 白 (商品コード0075)

0075

鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)
世相を反映して動物や人物を戯画的に描いたもので、嗚呼絵(おこえ)に始まる戯画の集大成といえる。特にウサギ・カエル・サルなどが擬人化して描かれた甲巻が非常に有名

市松文様に あしらい
青海波 麻の葉文様 矢羽文様 鹿の子文様など

鳥獣人物戯画?風?と江戸小紋 紺 (商品コード0074)

0074

鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)
世相を反映して動物や人物を戯画的に描いたもので、嗚呼絵(おこえ)に始まる戯画の集大成といえる。特にウサギ・カエル・サルなどが擬人化して描かれた甲巻が非常に有名

市松文様に あしらい
青海波 麻の葉文様 矢羽文様 鹿の子文様など

黒招き猫に唐草文様 緑 (商品コード0253)

0253

「夜でも目が見える」等の理由から、「福猫」として魔除けや幸運、商売繁盛の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持ちます

日本最古の伝承を持つ黒招き猫で有名な、京都の檀王法林寺には主夜神(しゅやじん)尊が祀られています 夜を守る神とも言います。その御使いが、黒猫なのです。闇夜に眼を光らせるのです。江戸時代には、黒猫を飼うと労咳(結核)が治るという迷信のほか、恋煩いにも効験があるとされました

唐草柄は魔除け柄と言われ神社仏閣の欄間に多く使われます。紋様が途切れずに延々と、永久不変に広がって、果てしなく続く延命長寿の意味の文様です。
魔除け 子孫繁栄 長寿長命

風神雷神 紺 (商品コード0077)

0077

千手観音に従って仏教と信者を守る神々 観音二十八部衆と風神雷神など風神はヴァーユと呼ばれ邪心を追い払い富貴栄達を授ける神
雷神はヴァルナと呼ばれる水神といわれ、仏教では仏法を守る役目悪を懲らしめ禅を勧める風雨を調える神
風雨順時 伽藍守護 天下泰平

粋な江戸縞小紋 白 (商品コード0073)

0073

勝虫蜻蛉
雄略天皇が吉野に狩に出かけた時、腕を刺した虻を蜻蛉がくわえて飛び去った故事から、強い虫、縁起のよい虫で勝虫と呼ばれ、兜の前立てや武具に用いる。幼虫のときは甲冑のような姿をし、成虫になると獲物を捕らえたまま空を飛ぶ姿の勇ましさから、戦国の世の人々が縁起をかついだ蜻蛉は、前へ前へと飛んで、決して後ろに下がらない。 勇猛果敢で勝負強い虫

市松文様 青海波 麻の葉文様 七宝繋文様 唐草文様 鹿の子文様

粋な江戸縞小紋 紺 (商品コード0072)

0072

勝虫蜻蛉
雄略天皇が吉野に狩に出かけた時、腕を刺した虻を蜻蛉がくわえて飛び去った故事から、強い虫、縁起のよい虫で勝虫と呼ばれ、兜の前立てや武具に用いる。幼虫のときは甲冑のような姿をし、成虫になると獲物を捕らえたまま空を飛ぶ姿の勇ましさから、戦国の世の人々が縁起をかついだ蜻蛉は、前へ前へと飛んで、決して後ろに下がらない。 勇猛果敢で勝負強い虫

市松文様 青海波 麻の葉文様 七宝繋文様 唐草文様 鹿の子文様

勝虫蜻蛉に江戸縞小紋  黒  (商品コード0071)

0071

雄略天皇が吉野に狩に出かけた時、腕を刺した虻を蜻蛉がくわえて飛び去った故事から、強い虫、縁起のよい虫で勝虫と呼ばれ、兜の前立てや武具に用いる。幼虫のときは甲冑のような姿をし、成虫になると獲物を捕らえたまま空を飛ぶ姿の勇ましさから、戦国の世の人々が縁起をかついだ蜻蛉は、前へ前へと飛んで、決して後ろに下がらない。 勇猛果敢で勝負強い虫

鮫小紋 麻の葉文様 七宝繋文様 矢羽文様 など

勝虫蜻蛉に鮫小紋  赤茶 (商品コード0070)

0070

雄略天皇が吉野に狩に出かけた時、腕を刺した虻を蜻蛉がくわえて飛び去った故事から、強い虫、縁起のよい虫で勝虫と呼ばれ、兜の前立てや武具に用いる。幼虫のときは甲冑のような姿をし、成虫になると獲物を捕らえたまま空を飛ぶ姿の勇ましさから、戦国の世の人々が縁起をかついだ蜻蛉は、前へ前へと飛んで、決して後ろに下がらない。 勇猛果敢で勝負強い虫

鮫小紋

細かい粒で扇形の模様を斜めに重ね、鮫皮状に染め抜いた文様。鮫の肌は固いことから小紋にすることで鎧に例えられ、厄除け・魔よけといった意味をもつといわれています。

ふくろう(梟)不苦労 黒 (商品コード0068)

0068

神聖な生き物、聖鳥として縁起が良いとされます繁栄と発展をもたらす、商売繁盛の鳥、知恵の神様とも 不苦労、福来朗と書いたり とにかく縁起の良いこと

苦労知らず

聖鳥として縁起が良いとされます 繁栄と発展をもたらす商売繁盛の鳥知恵の神様とも 不苦労、福来朗と書いたり とにかく縁起の良いこと

きつね(狐)は商売繁盛の使い? (商品コード0067)

0067

稲荷神(いなりのかみ)は元々は農業神
狐は穀物を食い荒らすネズミを捕食、狐の色や尻尾の形が実った稲穂に似ているなど 狐が稲荷神の使いに位置付けられる

江戸時代に入って稲荷が商売の神と公認され、大衆の人気を集めるようになと、稲荷狐(いなりきつね)は稲荷神(いなりのかみ)という誤解が広がる
稲荷神社の数が急激に増え、流行神(はやりがみ)と呼ばれる
今日、稲荷神社に祀られている狐は 白狐(びゃっこ)である

稲荷神社の前には、狛犬(こまいぬ)の代わりに、
宝玉をくわえた狐(きつね)の像が置かれる

黒招き猫に唐草文様 赤茶 (商品コード0066)

0066

「夜でも目が見える」等の理由から、「福猫」として魔除けや幸運、商売繁盛の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持ちます

日本最古の伝承を持つ黒招き猫で有名な、京都の檀王法林寺には主夜神(しゅやじん)尊が祀られています 夜を守る神とも言います。その御使いが、黒猫なのです。闇夜に眼を光らせるのです。江戸時代には、黒猫を飼うと労咳(結核)が治るという迷信のほか、恋煩いにも効験があるとされました

唐草柄は魔除け柄と言われ神社仏閣の欄間に多く使われます。紋様が途切れずに延々と、永久不変に広がって、果てしなく続く延命長寿の意味の文様です。
魔除け 子孫繁栄 長寿長命

招き猫に矢羽文様 紫 (商品コード0065)

0065

「夜でも目が見える」等の理由から、「福猫」として魔除けや幸運、商売繁盛の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持ちます

日本最古の伝承を持つ黒招き猫で有名な、京都の檀王法林寺には主夜神(しゅやじん)尊が祀られています 夜を守る神とも言います。その御使いが、黒猫なのです。闇夜に眼を光らせるのです。江戸時代には、黒猫を飼うと労咳(結核)が治るという迷信のほか、恋煩いにも効験があるとされました
矢羽紋様
弓矢は儀礼や祝具、男子のお祝い事に使われまた、「破魔矢(はまや)」というように、魔をはらう意味もあり、さらには「的を射る」など、縁起の良い文様です。矢は真っ直ぐに飛び、決して返って来ない、ということで、男の子には立身出世、女の子には出戻って来ないという意味で共によく用いられる文様です

勝虫蜻蛉に江戸柄(リップル) 白 (商品コード0064)

0064

雄略天皇が吉野に狩に出かけた時、腕を刺した虻を蜻蛉がくわえて飛び去った故事から、強い虫、縁起のよい虫で勝虫と呼ばれ、兜の前立てや武具に用いる。幼虫のときは甲冑のような姿をし、成虫になると獲物を捕らえたまま空を飛ぶ姿の勇ましさから、戦国の世の人々が縁起をかついだ蜻蛉は、前へ前へと飛んで、決して後ろに下がらない。

勇猛果敢で勝負強い虫

桜に江戸柄流れ (商品コード0063)

0063

桜 武士道に通じる パッと咲いてパッと散る

桜と共に 江戸柄が流れています
江戸柄  紗綾形(さやがた)とは
卍の四端を縦横に伸ばし連続した文様故、途絶えること無く永久に継続する
「不断長久」 家の繁栄や長寿を意味します

牡丹に菊 (商品コード0060)

0060

菊は放射状に花が開く為、太陽とされます 菊水を飲んで不老不死となった菊慈童伝説(きくじどうでんせつ) 菊は、翁草(おきなくさ)、千代見草(ちよみくさ)、齢草(よわいくさ)と言われていました

牡丹は百花の王

富貴、気品を表すという 則天武后も愛でたという

花火(リップル) 水色 (商品コード0059)

0059

将軍徳川吉宗が 悪霊退散を祈り両国大川(現在 隅田川)で
水神祭を催し、それとともに大花火を披露
これが隅田川 川開きの起源
江戸の花火屋 を代表したのが、「鍵屋」と「玉屋」であり

「かぎ~や~、たま~や~ 」の 掛け声となる

瑞雲に龍(ドビー織)紺 (商品コード0051)

0051

龍は一気昇天すと言われ縁起が良いとされます、水中か地中に棲むとされその啼き声によって雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔する
龍に九似ありとされ、角は鹿、頭は駱駝、眼は鬼あるいは兎、体は大蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似る口辺長髯をたくわえ、喉下に一尺四方の逆鱗、顎下に宝珠を持っている秋に淵の中に潜み、春には天に昇る 龍は出世の印!!