カテゴリー別アーカイブ: トランクス

猛虎に竹林 黒 (商品コード0048)

0048

虎 千里行く

虎は千里往って千里還る 勢い盛んな様子 虎は強さの象徴
中国の小説三国志演義では武勇に優れた5人を五虎大将軍と呼ぶ

特に張飛の髭は「虎髭」と呼ぶ 武田信玄 甲斐の虎 上杉謙信 越後の虎

猛虎に竹林 エンジ (商品コード0047)

0047

虎 千里行く

虎は千里往って千里還る 勢い盛んな様子 虎は強さの象徴
中国の小説三国志演義では武勇に優れた5人を五虎大将軍と呼ぶ

特に張飛の髭は「虎髭」と呼ぶ 武田信玄 甲斐の虎 上杉謙信 越後の虎

鯉の滝登り 赤と黒 (商品コード0046)

0046

鯉の滝登り
登龍門(とうりゅうもん)

鯉が登り切って龍になったと云われる伝説

成功へといたる難しい関門を突破したことをいう諺。
特に立身出世のための関門、
あるいはただ単にその糸口という意味で用いられる。
鯉の滝登りともいわれ、
鯉幟(こいのぼり)という風習の元になっている。

鯉の滝登り 黒 (商品コード0045)

0045

鯉の滝登り
登龍門(とうりゅうもん)

鯉が登り切って龍になったと云われる伝説

成功へといたる難しい関門を突破したことをいう諺。
特に立身出世のための関門、
あるいはただ単にその糸口という意味で用いられる。
鯉の滝登りともいわれ、
鯉幟(こいのぼり)という風習の元になっている。

鯉の滝登り 青 (商品コード0041)

0041

鯉の滝登り
登龍門(とうりゅうもん)

鯉が登り切って龍になったと云われる伝説

成功へといたる難しい関門を突破したことをいう諺。
特に立身出世のための関門、
あるいはただ単にその糸口という意味で用いられる。
鯉の滝登りともいわれ、
鯉幟(こいのぼり)という風習の元になっている。

瑞雲に龍  紺 (商品コード0039)

0039
龍は一気昇天すと言われ縁起が良いとされます
水中か地中に棲むとされその啼き声によって雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔する
龍に九似ありとされ、角は鹿、頭は駱駝、眼は鬼あるいは兎、体は大蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似る口辺長髯をたくわえ、喉下に一尺四方の逆鱗、顎下に宝珠を持っている秋に淵の中に潜み、春には天に昇る 龍は出世の印!!

瑞雲に龍  エンジ (商品コード0038)

0038
龍は一気昇天すと言われ縁起が良いとされます
水中か地中に棲むとされその啼き声によって雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔する
龍に九似ありとされ、角は鹿、頭は駱駝、眼は鬼あるいは兎、体は大蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似る口辺長髯をたくわえ、喉下に一尺四方の逆鱗、顎下に宝珠を持っている秋に淵の中に潜み、春には天に昇る 龍は出世の印!!

小桜紋様 (商品コード0037)

0037
桜が一斉に咲き誇る姿から桜を用いた文様
繁栄」や「豊かさ」の意味が込められている

青海波(せいがいは)紋様 (商品コード0036)

0036
青海波(せいがいは)は、
広い海がもたらす恩恵を感じさせる柄で、
無限に広がる波の文様に未来永劫へと続く幸せへの願いと、
人々の平安な暮らしへの願いが込められた縁起の良い柄

繁栄の市松模様 (商品コード0035)

0035
市松模様の意味
その柄が 途切れることなく続いて行く ことから
繁栄の意味が込められている
子孫繁栄や事業拡大など縁起の良い模様
江戸中期、歌舞伎俳優佐野川市松が
この模様の袴(はかま)を用いたことに始まる

麻の葉紋様 (商品コード0034)

0034

麻の葉柄の由来
六角形の幾何学文様で平安時代から仏像の装飾などに使われてきた柄
後にこの模様が麻の葉に似ている事から、麻の葉柄として親しまれるようになる

その成長ぶりは4か月で4メートルにもなり 手間をあまりかけなくても大きく育つ
魔除けの意味
赤ちゃんの成長と魔除けの意味を込め、産着の模様に麻の葉模様はよく用いられた
神話の世界で神事に「麻」の繊維が使われたことから不浄なモノを祓う力を持っている

勝虫蜻蛉に鮫小紋 (商品コード0033)

0033

勝虫蜻蛉

雄略天皇が吉野に狩に出かけた時、腕を刺した虻を蜻蛉がくわえて
飛び去った故事から、強い虫、縁起のよい虫で勝虫と呼ばれ、
兜の前立てや武具に用いる幼虫のときは甲冑のような姿をし成虫になると獲物を
捕らえたまま空を飛ぶ姿の勇ましさから、戦国の世の人々が縁起をかついだ

蜻蛉は、前へ前へと飛んで、決して後ろに下がらない
勇猛果敢で勝負強い虫

江戸風情に勝虫蜻蛉(リップル)紺 (商品コード0032)

0032

勝虫蜻蛉

雄略天皇が吉野に狩に出かけた時、腕を刺した虻を蜻蛉がくわえて

飛び去った故事から、強い虫、縁起のよい虫で勝虫と呼ばれ、

兜の前立てや武具に用いる幼虫のときは甲冑のような姿をし成虫になると獲物を

捕らえたまま空を飛ぶ姿の勇ましさから、戦国の世の人々が縁起をかついだ

蜻蛉は、前へ前へと飛んで、決して後ろに下がらない

勇猛果敢で勝負強い虫

祭りだ!法被(はっぴ)だ!(リップル) (商品コード0031)

0031

法被(はっぴ)

法被とは、日本の伝統衣装で、祭などの際に着用し、
また、職人などが着用する印半纏のことである。半被とも表記する

桜 武士道の如く(リップル)黒色 (商品コード0030)

0030

桜 花は桜木 人は武士
ぱっと花を咲かせた後、散って行く桜の儚さや潔さが武士道に通じる

幸運を呼ぶ金魚(リップル)青色 (商品コード0028)

0028

金魚

風水では金魚は幸運を呼ぶ魚とされます

災難を防ぎ物事を円滑に運ぶ魚

金如・・・と書いてお金が意のまま。

金余・・・お金が余る

幸運を呼ぶ金魚(リップル)赤色 (商品コード0029)

0029

金魚

風水では金魚は幸運を呼ぶ魚とされます

災難を防ぎ物事を円滑に運ぶ魚

金如・・・と書いてお金が意のまま。

金余・・・お金が余る

猪鹿蝶(いのしかちょう)赤色 (商品コード0027)

0027
猪鹿蝶(いのしかちょう)
この言葉は花札の役の1つで、
【牡丹に蝶】と【萩に猪】、【紅葉に鹿】の3枚の種札を集めることで、
役が完成します。

猪鹿蝶に元々意味があったわけではなく、
花札の役が出来てから縁起物として知られ
花の王と呼ばれる牡丹(ぼたん)牡丹は「百花の王」とも呼ばれる
【萩に猪(はぎにいのしし)】は、対照美が表現されている
萩の花は昔から「臥す猪の床(ふすゐのとこ)」と言い、猪の寝床でもあるそう。
萩という優美な花と、猪という荒々しい動物との対照美が表現されています

 

鶴 長寿の印 戦勝の印 エンジ色 (商品コード0026)

0026

鶴は長寿の印 戦勝の印

神の使い

古来より鶴は千年と言われ「長寿を象徴する吉祥の鳥」

鶴は、夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから

夫婦鶴(めおとつる)といわれて「仲良きことの象徴」鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから

天に届く 天上界に通ずる鳥 といわれます

相撲(すもう)エンジ色 (商品コード0025)

0025
相撲(すもう)は、
土俵の上で力士が組合って戦う形を取る日本古来の神事や祭りであり
、同時に武芸でもあり武道でもあり(「弓取り式」の本来の意味から)
、娯楽でもある。
古くから祝儀(懸賞金という表現)を得るための興行として、
大相撲が行われている。