カテゴリー別アーカイブ: トランクス

鶴 戦勝の印 神の使い 黒 (商品コード0026)

0026

鶴は長寿の印 戦勝の印  神の使い

古来より鶴は千年と言われ「長寿を象徴する吉祥の鳥」

鶴は、夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから
夫婦鶴(めおとつる)といわれて「仲良きことの象徴」鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから
天に届く 天上界に通ずる鳥 といわれます

鶴 戦勝の印 神の使い 紺 (商品コード0025)

0025

鶴は長寿の印 戦勝の印  神の使い

古来より鶴は千年と言われ「長寿を象徴する吉祥の鳥」

鶴は、夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから
夫婦鶴(めおとつる)といわれて「仲良きことの象徴」鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから
天に届く 天上界に通ずる鳥 といわれます

龍 出世の印 紺 (商品コード0024)

0024

龍は一気昇天すと言われ縁起が良いとされます
水中か地中に棲むとされその啼き声によって雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔する
龍に九似ありとされ、角は鹿、頭は駱駝、眼は鬼あるいは兎、体は大蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似る口辺長髯をたくわえ、喉下に一尺四方の逆鱗、顎下に宝珠を持っている秋に淵の中に潜み、春には天に昇る 龍は出世の印!!

龍 出世の印 黒 (商品コード0023)

0023

龍は一気昇天すと言われ縁起が良いとされます
水中か地中に棲むとされその啼き声によって雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔する
龍に九似ありとされ、角は鹿、頭は駱駝、眼は鬼あるいは兎、体は大蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似る口辺長髯をたくわえ、喉下に一尺四方の逆鱗、顎下に宝珠を持っている秋に淵の中に潜み、春には天に昇る 龍は出世の印!!

虎 千里行く 赤 (商品コード0022)

0022

虎 千里行く

虎は千里往って千里還る 勢い盛んな様子 虎は強さの象徴
中国の小説三国志演義では武勇に優れた5人を五虎大将軍と呼ぶ

特に張飛の髭は「虎髭」と呼ぶ 武田信玄 甲斐の虎 上杉謙信 越後の虎

大きな麻の葉文様 (商品コード0020)

0020

麻の成長力

素直な速い上達を意味します

麻の葉は、災いを防ぐ魔避けの意味がある植物。

神事では、神主がお払いをするときの御弊に麻の葉がつけられています

大きな矢羽文様 (商品コード0019)

0019

矢羽文様

矢羽根(やばね) 矢につける羽根  鷲や鷹の羽が最上とされ  弓矢は儀礼や祝具、男子のお祝い事に使われ、また、「破魔矢(はまや)」というように、魔をはらう意味もあり、更には「的を射る」など縁起の良い文様

江戸時代に、結婚の際に矢絣の着物を持たせると出戻ってこない(射たが戻ってこないため)といわれるようになり、縁起柄とされるようになった

唐草 緑 (商品コード0701)

0701

大人気の唐草柄です草花の最も美しい創造の形だそうです。当店の一番人気商品。唐草柄は魔除け柄と言われ、神社仏閣の欄間に多く使われます。紋様が途切れずに延々と、永久不変に広がって、果てしなく続く延命長寿の意味の文様です。

魔除け 子孫繁栄 長寿長命

祭りに達磨に富士(リップル)紺 (商品コード0108)

0108

達磨 七転八起
面壁九年 達磨大師が、中国の少林寺で壁に向かって九年間座禅し、
悟りを開いた転んだら起き上がって、また一 から始めよ

祭 袢纏
日本人の「粋」ですね。南町奉行大岡越前が江戸の火消しを創設するに当たり組員の揃着として作られました 江戸時代の花形職業は、火消しでした
その後、祭りの衣装として、それぞれの職業を表わすような印半纏が作られました
粋の競い合い 祭り半纏

祭りに達磨に富士(リップル)水色 (商品コード0107)

0107

達磨 七転八起
面壁九年 達磨大師が、中国の少林寺で壁に向かって九年間座禅し、
悟りを開いた転んだら起き上がって、また一 から始めよ

祭 袢纏
日本人の「粋」ですね。南町奉行大岡越前が江戸の火消しを創設するに当たり組員の揃着として作られました 江戸時代の花形職業は、火消しでした
その後、祭りの衣装として、それぞれの職業を表わすような印半纏が作られました
粋の競い合い 祭り半纏

祭りに達磨に富士(リップル)白 (商品コード0106)

0106

達磨 七転八起
面壁九年 達磨大師が、中国の少林寺で壁に向かって九年間座禅し、
悟りを開いた転んだら起き上がって、また一 から始めよ

祭 袢纏
日本人の「粋」ですね。南町奉行大岡越前が江戸の火消しを創設するに当たり組員の揃着として作られました 江戸時代の花形職業は、火消しでした
その後、祭りの衣装として、それぞれの職業を表わすような印半纏が作られました
粋の競い合い 祭り半纏

勝虫蜻蛉 (リップル) ベージュ (商品コード0104)

0104
雄略天皇が吉野に狩に出かけた時、腕を刺した虻を蜻蛉がくわえて飛び去った故事から、
強い虫、縁起のよい虫で勝虫と呼ばれ、
兜の前立てや武具に用いる幼虫のときは甲冑のような姿をし成虫になると獲物を捕らえたまま
空を飛ぶ姿の勇ましさから、戦国の世の人々が縁起をかついだ
蜻蛉は、前へ前へと飛んで、決して後ろに下がらない
勇猛果敢で勝負強い虫

花火に水風船(リップル) (商品コード0103)

0103
花火
将軍徳川吉宗が悪霊退散を祈り両国大川(現在 隅田川)で水神祭を催し、
それとともに大花火を披露これが隅田川 川開きの起源
江戸の花火屋 を代表したのが鍵屋と玉屋であり「かぎ~や~、たま~や~ 」のお囃子となる

兎 月よりの使者 (リップル) (商品コード0102)

0102

兎は月よりの使者 火伏せの神 不老不死の使い

兎の赤い眼には魔除の力が宿る その脚は跳ねて前進することから

良い方向に発展することを意味する

不老不死 良い方向へ前進

桜 ピンク (リップル) (商品コード0101)

0101

桜 武士道に通じる パッと咲いてパッと散る

桜と共に 江戸柄が流れています
江戸柄  紗綾形(さやがた)とは
卍の四端を縦横に伸ばし連続した文様故、途絶えること無く永久に継続する
「不断長久」 家の繁栄や長寿を意味します

招き猫に大入り 紺 (商品コード0098)

0098

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

招き猫に大入り 赤 (商品コード0097)

0097

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

招き猫に千万両 黒 (商品コード0094)

0094

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

招き猫に千万両 赤 (商品コード0093)

0093

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫

招き猫に千万両 紺 (商品コード0092)

0092

招き猫 右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招く、青・ 学業向上 交通安全、ピンク・ 恋愛運向上、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ、赤い招き猫は病除けの意味を持つ

猫招く 寺に雷雨を しのぎけり (豪徳寺のお話)
くじ運を 招いて欲しや 暮れの猫