カテゴリー別アーカイブ: 商品

千鳥に波 (商品コード0393)

0393

語呂合わせで「千鳥=千取り→千の福を取る」ということから、
勝負運が強くなる象徴とも言われている

二羽の千鳥が波間の上飛んでいるの波千鳥
世間の荒波を乗り越える印

 

将棋に江戸風情 赤 (商品コード0392)

0392

将棋の起源は、紀元前の古代インドで発明された「チャトランガ」という盤上遊戯であると言われ
「遣唐使として派遣された吉備真備が持ち帰った」と言う説がある
太平の世が訪れた江戸時代に入ると将棋は囲碁と共に徳川幕府からの手厚い保護を受けることになり
「将棋所」「囲碁所」と呼ばれる家元制が導入され、
名人たちは年1回の江戸城内での御前試合である「御城将棋」で対局するという形で
幕府から俸禄を貰っていた

 

将棋に江戸風情 ベージュ (商品コード0391)

0391

将棋の起源は、紀元前の古代インドで発明された「チャトランガ」という盤上遊戯であると言われ
「遣唐使として派遣された吉備真備が持ち帰った」と言う説がある
太平の世が訪れた江戸時代に入ると将棋は囲碁と共に徳川幕府からの手厚い保護を受けることになり
「将棋所」「囲碁所」と呼ばれる家元制が導入され、
名人たちは年1回の江戸城内での御前試合である「御城将棋」で対局するという形で
幕府から俸禄を貰っていた

 

達磨(だるま) 七転八起 (商品コード0390)

0390

達磨 七転八起

面壁九年 達磨大師が、中国の少林寺で

壁に向かって九年間座禅し、悟りを開いた

転んだら起き上がって、また一 から始めよ

 

市松文様と隈取 赤 (商品コード0389)

0389

「市松模様」は、元々石畳に使われる模様でした。
江戸時代に歌舞伎役者の佐野川市松が衣装の袴に「市松模様」を用いたところ、
人気を博したそうです。その後も佐野川市松は、
「市松模様」の袴での舞台をし、世間に広まりました。
そうして石畳と呼ばれていた格子模様は、
佐野川市松の市松を取り「市松模様」となったのです。
また、元禄模様と呼ばれることもあります

隈取は初代團十郎が人形浄瑠璃にヒントを得て創作したものといわれ、
顔の血管や筋肉を誇張するために描かれたもので、
役柄により、施される隈取や色が異なる

 

市松文様と隈取 黒 (商品コード0388)

0388

「市松模様」は、元々石畳に使われる模様でした。
江戸時代に歌舞伎役者の佐野川市松が衣装の袴に「市松模様」を用いたところ、
人気を博したそうです。その後も佐野川市松は、
「市松模様」の袴での舞台をし、世間に広まりました。
そうして石畳と呼ばれていた格子模様は、
佐野川市松の市松を取り「市松模様」となったのです。
また、元禄模様と呼ばれることもあります

隈取は初代團十郎が人形浄瑠璃にヒントを得て創作したものといわれ、
顔の血管や筋肉を誇張するために描かれたもので、
役柄により、施される隈取や色が異なる

 

鯉 登竜門伝説 赤 (商品コード0387)

0387

鯉は登れない滝を登り切り龍になったという伝説が有る。
これが登竜門伝説である。

新しい門出、出世の印である。

登龍門(とうりゅうもん)とは、成功へと至るために乗り越えなければならない難しい関門のことをいう

登竜門伝説にあやかろう

 

鯉 登竜門伝説 青 (商品コード0386)

0386

鯉は登れない滝を登り切り龍になったという伝説が有る。
これが登竜門伝説である。

新しい門出、出世の印である。

登龍門(とうりゅうもん)とは、成功へと至るために乗り越えなければならない難しい関門のことをいう

登竜門伝説にあやかろう

 

正義の鷹  黒 (商品コード0385)

0385

鷹  正義の鷹

鷹はどんなにひもじくても、烏や雀のように

農民の汗水たらして耕した畑に降りて穂をつついて食べるような

不義はしない。

正義の人は窮しても不正な金品を受け取ったりはしない

ことのたとえ。 は飢えても穂をつまず

正義の鷹  紺 (商品コード0384)

0384

鷹  正義の鷹

鷹はどんなにひもじくても、烏や雀のように

農民の汗水たらして耕した畑に降りて穂をつついて食べるような

不義はしない。

正義の人は窮しても不正な金品を受け取ったりはしない

ことのたとえ。 は飢えても穂をつまず

魔除け財運向上の印 唐獅子 (商品コード0383)

0383

唐獅子は百獣に君臨する王

邪気を払う聖獣と言った意味がある

獅子は魔除の他に

財運を向上させる意味もあり

黄金瑞雲に龍 黒 (商品コード0382)

0382

龍は一気昇天すと言われ縁起が良いとされます
水中か地中に棲むとされその啼き声によって雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔する
龍に九似ありとされ、角は鹿、頭は駱駝、眼は鬼あるいは兎、体は大蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似る口辺長髯をたくわえ、喉下に一尺四方の逆鱗、顎下に宝珠を持っている秋に淵の中に潜み、春には天に昇る 龍は出世の印!!

玉を持つ龍 黒 (商品コード0381)

0381

龍は一気昇天すと言われ縁起が良いとされます
水中か地中に棲むとされその啼き声によって雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔する
龍に九似ありとされ、角は鹿、頭は駱駝、眼は鬼あるいは兎、体は大蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似る口辺長髯をたくわえ、喉下に一尺四方の逆鱗、顎下に宝珠を持っている秋に淵の中に潜み、春には天に昇る 龍は出世の印!!

千鳥に波 (商品コード0013)

0013

語呂合わせで「千鳥=千取り→千の福を取る」ということから、
勝負運が強くなる象徴とも言われている

二羽の千鳥が波間の上飛んでいるの波千鳥
世間の荒波を乗り越える印

将棋に江戸風情 赤 (商品コード0012)

0012

将棋の起源は、紀元前の古代インドで発明された「チャトランガ」という盤上遊戯であると言われ
「遣唐使として派遣された吉備真備が持ち帰った」と言う説がある
太平の世が訪れた江戸時代に入ると将棋は囲碁と共に徳川幕府からの手厚い保護を受けることになり
「将棋所」「囲碁所」と呼ばれる家元制が導入され、
名人たちは年1回の江戸城内での御前試合である「御城将棋」で対局するという形で
幕府から俸禄を貰っていた

将棋に江戸風情 ベージュ (商品コード0011)

0011

将棋の起源は、紀元前の古代インドで発明された「チャトランガ」という盤上遊戯であると言われ
「遣唐使として派遣された吉備真備が持ち帰った」と言う説がある
太平の世が訪れた江戸時代に入ると将棋は囲碁と共に徳川幕府からの手厚い保護を受けることになり
「将棋所」「囲碁所」と呼ばれる家元制が導入され、
名人たちは年1回の江戸城内での御前試合である「御城将棋」で対局するという形で
幕府から俸禄を貰っていた

達磨(だるま) 七転八起 (商品コード0010)

0010

達磨 七転八起

面壁九年 達磨大師が、中国の少林寺で

壁に向かって九年間座禅し、悟りを開いた

転んだら起き上がって、また一 から始めよ

市松文様と隈取 赤 (商品コード0009)

0009

「市松模様」は、元々石畳に使われる模様でした。
江戸時代に歌舞伎役者の佐野川市松が衣装の袴に「市松模様」を用いたところ、
人気を博したそうです。その後も佐野川市松は、
「市松模様」の袴での舞台をし、世間に広まりました。
そうして石畳と呼ばれていた格子模様は、
佐野川市松の市松を取り「市松模様」となったのです。
また、元禄模様と呼ばれることもあります

隈取は初代團十郎が人形浄瑠璃にヒントを得て創作したものといわれ、
顔の血管や筋肉を誇張するために描かれたもので、
役柄により、施される隈取や色が異なる

市松文様と隈取 黒 (商品コード0008)

0008

「市松模様」は、元々石畳に使われる模様でした。
江戸時代に歌舞伎役者の佐野川市松が衣装の袴に「市松模様」を用いたところ、
人気を博したそうです。その後も佐野川市松は、
「市松模様」の袴での舞台をし、世間に広まりました。
そうして石畳と呼ばれていた格子模様は、
佐野川市松の市松を取り「市松模様」となったのです。
また、元禄模様と呼ばれることもあります

隈取は初代團十郎が人形浄瑠璃にヒントを得て創作したものといわれ、
顔の血管や筋肉を誇張するために描かれたもので、
役柄により、施される隈取や色が異なる

鯉 登竜門伝説 赤 (商品コード0007)

0007

鯉は登れない滝を登り切り龍になったという伝説が有る。
これが登竜門伝説である。

新しい門出、出世の印である。

登龍門(とうりゅうもん)とは、成功へと至るために乗り越えなければならない難しい関門のことをいう

登竜門伝説にあやかろう